AX

** コントラバス専門の弦楽器工房 **

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

 

サイトでのご注文は24時間
年中無休で承っています。


ホームPöllmann(ぺルマン)

■120年の歴史と伝統 5代にわたり受け継がれる技

“ペルマン”の歴史は、1888年から始まります。同年、初代ヘルマン・アレクサンダー・ペルマン(1864-1937)により、ドイツ、マルクノイキルヒェン近隣の町ジーベンブルンに工房が創設されました。以来、コントラバス製作の歴史は120年以上にのぼります。

 2代目は、幼少時代から工房に出入りしていた息子、エリッヒ・マックス・ペルマン(1897-1963)です。1911年に父へルマンの元で働きはじめ、1920年ユーゲルスブルグでバイオリン製作をしていた義父、アウグスト・エルンスト・フォイクト宅に自分の工房を構えました。1940年にはジーベンブルンの工房に戻り、1944年にマイスターの資格を取得。後にエリッヒは、“ペルマン”の礎を築き、彼の製作したコントラバスは豊かなオーケストラサウンドで、一躍“ペルマン”の名を世界に轟かせました。また、エリッヒは“ペルマン”の装飾と彫刻をはじめた人物で、その製作手法は後世へ踏襲されていきます。

 3代目は、2代目エリッヒの甥で、義父アウグストの孫ギュンター・クラーマー(1938- )です。彼は1952年から8年間エリッヒの元で修行を積み、1959年にマイスターの資格を取得後、ジーベンブルンから現在の工房であるミッテンヴァルトに移住しました。

 4代目は、ギュンターの2人の息子ミヒャエルとラルフです。彼らも父の工房で修行し、マイスターの資格を取得後、ラルフは父の工房に残り、ミヒャエルは自分の工房を開きました。彼らの工房は山で隔てられてはいますが、兄弟は仲が良く常に協力し合い技術的にも交流しています。彼らは“ペルマン”の伝統を受け継ぎ、伝承の製作手法に新しい技術を加えながら、コントラバスの製作に取り組んでいます。もし、彼らに会う機会があるならば、彼らが非常に優秀で勤勉なマイスターであり、容器で親しみの持てる人柄だということがわかるでしょう。

 現在、“ペルマン”の工房に従事している職人は6人。年間約20本のコントラバスを製作しています。オールハンドメイドにこだわり、完成度の高さを追求しています。材料はコントラバス1000本分以上のストックが大切に管理、保管され、中には200年以上シーズニングされた材料も確保しています。

 5代目もすでに工房に入り、ペルマン一族の素晴らしい技術と材料に関しての深い知識は、後世に引き継がれています。

ぺルマン製作所
     height=    height=  
 
   height=    height=    height=  

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス